• ホーム
  • 自信を無くしかねない中折れの原因を改善できる有効なトレーニングとは

自信を無くしかねない中折れの原因を改善できる有効なトレーニングとは

2020年03月09日
薬を飲んでいる男性

中折れに悩む男性が増えています。中折れとは、みなぎる男性自身がセックスの最中に萎えてしまうことを指しています。十分にセックスを楽しめない、女性からも不満が寄せられるといった点から男性が自信を失ってしまうことが多い事案となります。この症状は中高年の男性に多かったのですが、残念なことに若い世代の男性にも増えているということが明らかになっています。

原因としては、男性機能が衰えていることのほか、男性更年期などが大きなものとして挙げられます。また、若年層の場合はメンタル面が大きく作用しているようです。セックスをすること以前の問題として、対人関係が苦手で相手との信頼関係が求められる性行為に及べない、セックスをする自分に自信が持てないというようなブロックが原因にあると考えられます。失敗したらどうしようという不安が先行してしまうことや、先に射精してしまったトラウマなども、中折れを招く要因となるようです。

男性機能の衰えの場合、その原因を改善できるトレーニングとして肛門引き締め体操などが推奨されています。肛門周辺の筋肉を鍛えることで血流を改善させ男性そのものの力を取り戻すという考え方から来ています。女性も感度を高めるためのトレーニングとして紹介されている方法ですので、あながち間違いではなさそうです。

メンタル面の問題の場合はトレーニングを重ねても難しいところがあります。パートナーとの信頼関係を高めることや相手を信じることなどが一番の要素となりますが、それを助ける手立てとして医薬品に頼ることもよいでしょう。スーパーPフォースという海外の医薬品は、男性機能を維持するほか早漏の改善にも役立ちます。性行為の1時間前に1錠する服用することで、男性機能を維持するだけではなく、早撃ちで終了というような、男性にとって不本意な状況を回避することができます。こういったところから徐々に自信を取り戻していくと、自然に中折れの症状は改善されるでしょう。

恰好つけなければいけない、女性を満足させなければいけないという男性にとっての使命感もあるかもしれません。この使命感がかえってプレッシャーになってしまい中折れという結果を招いてしまうことも考えられます。大半がこのような無用なプレッシャーであると考えられています。医薬品の多用は依存にもつながるため、毎回の使用はおすすめできませんが、助走のために医薬品を使うことはよいのではないでしょうか。